ホーム  > バイアグラ  > バイアグラの効果  > バイアグラの効果の持続時間は性欲が前提条件

バイアグラの効果の持続時間は性欲が前提条件


何年来不能だった方が可能になる、十分に硬くならず挿入する事が難しかった方が可能になる、なぜか本番になって萎えてしまう、そんな方が可能になっているのが、ED治療薬バイアグラの効果です。

バイアグラ効果は性欲が前提です。中には薬を呑んだだけで勃起したと言う人が稀にはいるようですが、性欲が起こらなければ、薬を呑んだだけで勃起する事はまずありません。


服用後一時間後に効果発現

服用後一時間後に効果発現

バイアグラを服用したら、待ち時間はおよそ1時間です。その頃には、有効成分であるシルデナフィルが体の隅々に行き渡り、体の中で血管拡張作用が起こっています。高齢などで細くなった血管は、血液の流れが悪くなっています。陰茎の勃起は一時的に送られてくる血液が、そこで留まることで起こります。小さな血管の集合体のような陰茎の海綿体の中にどれくらいの血液が集まるかで、陰茎の硬さや大きさが変わってきます。

4時間の効果

バイアグラ効果は、1錠呑んでどのくらい続くのでしょうか。通常、1錠のバイアグラの効果の時間は、4時間と言われていますが、3時間と説明しているサイトや5時間と説明しているサイトなどがあり、どれが正しいのかちょっと迷いますね。どれが間違っていてどれが正しいのでしょうか。答えは、どれも間違いではないということです。バイアグラの効果は、これはまさしく個人差があります。3時間どころか中には2時間くらいで効果が切れてしまったと言う方もいるかもしれませんし、中には、8時間経っても効果が残っていたと言う方だって実際に存在するのです。


効果の持続時間は性欲が前提条件


バイアグラを呑んで何も起こらなくて大変あわてたと言う、初めて利用した方の経験談をよく耳にします。バイアグラを呑む男性は、大変多くのことをこの薬に期待しているため、この様なことになるのでしょう。バイアグラには性欲を起こさせる成分は含まれていないですから、薬を呑んでも何ら気持ちの変化は起こらないのです。気持ちの変化どころか、大切な部分が大きくなる事もないのです、その人自身が何らかの性欲を感じるまでは。そう、効果は、性欲を感じた時に発揮されるのです。


個人差があるバイアグラの効果時間


EDの症状がどの程度か、EDの原因が何か、また、持病があるか、タバコを吸っているかなどなど、薬の効果に影響を与える要因は色々あります。また、ED薬バイアグラの効果には、食事が影響を与えることもよく知られています。そんな中で、一般的に言われているのが、効果持続時間は4時間ほどであるということなので、その様に理解される事です。その時のコンディションだって大きく影響するかもしれませんし、パートナーとの気持ちのバランスも薬の効果に影響を与える事も考えられるのです。


EDとは?


EDとは「Erectile Dysfunction」の略で性交時に十分な勃起が得られない、または維持できなくなる「勃起機能の低下」を意味し、満足な性交が行えない状態を指します。最近の調査では世界中の成人男性の5〜20%がEDとされ、国内の調査でも30代から70代の男性のうち約1000万人程がEDであると推定されました。高齢化社会が進み生活習慣病が増えている現状況からED患者数はより増えるだろうと予測されています。このようにEDは身近な疾患になりつつあります。

ED治療について

  • ある日突然勃起できなくなり「もしかしたらEDかも?」と思ったら早めの対策を考えるべきでしょう。=>ED治療とは?

ED治療薬について

1錠の薬で勃起不全症を治すシアリス、バイアグラ(シルデナフィル)、レビトラの3種類の代表的なED治療薬、どれもアメリカFDAの認可を受けた安心して服用していただける医薬品。さて、3種類のED治療薬の中で、あなたが購入して使用しているのはどの薬ですか? いんぽてんつ治療薬での治療はこれからだという人、どの薬を購入す使用とお考えですか? 自分に一番あった治療薬を購入するコツがあるでしょうか?詳細は→ED治療薬どれを購入するべきか?を参照してください。


整理