ホーム  > EDに関するニュース  > ED治療薬のジェネリックにはどんなものがあるの?

ED治療薬のジェネリックにはどんなものがあるの?


ジェネリックとは、新薬として販売された有効成分を使用した一種のコピー商品のようなもので、新薬の特許期間が終了したあと各製薬会社から販売されている医薬品です。同じ有効成分を使用した医薬品ですから、元の医薬品と同等の効果を発揮し、尚且つ価格が驚くほど安いという特徴があります。ですから、ED治療薬のように高額な医薬品の場合、このジェネリックの登場は利用者に大きなメリットを与えることとなるわけです。それではEDの薬のジェネリックにはどのようなものがあるのか紹介していくことにしましょう。


バイアグラのジェネリック


バイアグラのED薬ジェネリックで1番知名度が高く人気があるのが製品「シルデナフィル」です。製品「シルデナフィル」の主成分はバイアグラと同じシルデナフィルです。血管拡張作用を発揮することで海綿体への血流量を増加せ、勃起を促します。病院から入手できるバイアグラ(baiagura)は25mgと50mgですが、カマグラゴールドのラインナップは50mgと100mgのみです。

効果は量によって左右されるのですが、日本人の場合、最初から100mgの使用は避けたほうがいいでしょう。特に初めての方は、ピルカッターを使って50mgの半分、25mgからの使用がおススメです。また1日1回を超える服用は厳禁です。使用回数を増やしても効果が上がることはありません。ひどい副作用を誘発するだけなので、必ず使用回数は守るようにしてください。


シアリスのジェネリック


シアリスのED薬ジェネリックとしておススメなのは、製品「タダラフィル」です。製品「タダラフィル」はシアリスと同じ有効成分タダラフィルが使用されており、シアリスと同じ効果を得ることができます。販売されているのは20mgですが、日本人の場合、まずは半分の10mgでの使用がおススメです。

10mgを試して満足な効果を得られなかった場合、20mgを使用するようにしましょう。食事やアルコールの摂取で効果が阻害されることがないので、通常生活を送るかのごとく利用できるという大きなメリットがあります。


レビトラのジェネリック


レビトラのジェネリックとして有名なのが製品「バルデナフィル」です。製品「バルデナフィル」はレビトラと同じバルデナフィルを主成分としており、最短15分で効果を発揮するという即効性が大きな特徴と言えるでしょう。10mgもありますが流通に乗っているのは20mgが多いようです。ED治療薬レビトラは比較的食事に影響されないと言われていますが、バリフの場合、空腹時での使用が薦められています。

多少の食事なら1時間も経てば使用OKですが、満足いく効果を得るためには空腹時での使用がおススメというわけです。


EDとは?


EDとは「Erectile Dysfunction」の略で性交時に十分な勃起が得られない、または維持できなくなる「勃起機能の低下」を意味し、満足な性交が行えない状態を指します。最近の調査では世界中の成人男性の5〜20%がEDとされ、国内の調査でも30代から70代の男性のうち約1000万人程がEDであると推定されました。高齢化社会が進み生活習慣病が増えている現状況からED患者数はより増えるだろうと予測されています。このようにEDは身近な疾患になりつつあります。


関連リンク